主婦やアルバイトでも可能な銀行のキャッシング

消費者金融では借金できない主婦やアルバイトの人でも、銀行でのキャッシングなら利用することができます。自分の年収がわかるような書類を用意することができなければ、消費者金融会社のキャッシングの申込みをすることはできません。

消費者金融会社の審査では、月々の収入が安定していることが重視されるため、アルバイトや主婦は不利になることがあります。銀行のキャッシングサービスなら、アルバイトや主婦でも融資が受けられることがありますので、調べてみるといいでしょう。

キャッシングができるかどうかの違いは、法律によるところが大きいと考えられています。消費者金融会社の場合、貸金業法に沿ってキャッシング業務が行われており、収入の3分の1を超える貸出を行わないよう法律の制限を受けています。

一方の銀行は、銀行法に基づいてキャッシング業務をしており、銀行法には貸金業法のような収入の一定額に貸出を抑えるような制限が存在しないのです。銀行からお金を借りたいという人が増えており、地方にもカードローンの無人契約機を設置してみたり、大々的な広告戦略などをしています。

何気なく銀行ATMを使っていると、画面の切り替わりタイミングで銀行のキャッシングPRを目的として画面になったりもします。銀行の敷地内に、キャッシングの手続きができる器機が置かれていることがありますが、主婦やアルバイトの人はそれらの機会を用いてキャッシングの手続きをしていることがあります。安定収入のない人は、消費者金融でキャッシングをすることが難しいため、銀行でキャッシングを行うケースが増えているそうです。

主婦やアルバイトなど収入が安定していない人でも利用することのできる銀行でのキャッシングは大変便利なものとなっています。

宅配クリーニングの4社を比較