にきび肌のケアは洗顔が必要不可欠

にきびケアの基本は、お肌の清潔さを保つために、正しい洗顔をきちんとすることです。にきび肌は、たくさんの赤いブツブツや化膿して膿を持ってしまったポツポツなどがTゾーンを中心にできることが多いです。

にきびの原因になるアクネ菌が、毛穴の詰まった部分で増加していますので、きちんと洗顔をして毛穴の詰まりを除去することがにきび対策になります。薬用クリームを塗ったりして炎症を抑えるということももちろん大切ですが、にきびケアに一番必要なのは、毎日の洗顔なのです。

肌に負担をかけずに汚れを的確に落とすためには、洗顔石鹸の扱い方から覚える必要があります。洗顔石鹸を上手に泡立てることがまず第一歩です。清潔な手で、手のひらいっぱいの泡をつくります。できた泡で顔全体を包み込む様にして、手のひらで直接皮膚を触ることなく、泡をクルクルと混ぜるようにして洗います。

皮膚を直接こすらないように、あくまでも泡の上からだけにして、マッサージをするようにして動かしていくようにしましょう。毛穴の奥まで泡が届き、毛穴の目づまりの原因になっていた皮脂汚れやアクネ菌が泡の中へと溶け出していくようにすることで、顔についていた汚れを取り除ける状態にします。

後は泡をぬるま湯でしっかりと落とせば、にきび肌のケアの完了です。洗顔回数は多いと逆に良くないですが、一日一回かできれば二回、しっかりと汚れ落としをしてください。洗顔が終わったらスキンケアをしっかり行い、保湿ケアを施した上で、もしもにきびがあるなら薬用クリームをつけます。

洗顔の後はおすすめの乾燥肌オールインワンゲルでケアを

コメントを残す