クレンジングは化粧を落とすためのもの

1年365日欠かさず化粧をしている人がいるほど、女性が出かける時には化粧は当たり前のことです。その日は化粧をしなかったという日があれば、クレンジングケアは不要なものになるのでしょうか。ノーメイクの日はクレンジングは必要ないと考えるのが普通です。

もともとクレンジングは、メイクを肌から洗い落とすことを目的とした商品ですので、使わないこと自体は当たり前の話です。油分の多いメイク成分を洗い落とすことが、クレンジングの果たす役割です。大抵の化粧品は油分が含まれていますし、皮脂汚れは毛穴から分泌された油分があります。

人間の肌は、発汗量があまり多くない時でも、油脂成分を含む汚れがついているものです。クレンジング剤に含有されている洗浄成分には、油分を分解して落とすという作用があります。化粧品を顔につけていないノーメイクの日も、状況によってはクレンジングをした方がよいのです。

油分を含む汚れが皮膚にこびりついていると、毛穴が詰まりやすくなり、皮膚の負担になります。クレンジング剤ほどではなくても、洗顔石鹸にも油汚れを落とす力はありますが、それほど強いものではありません。油汚れに対してはクレンジングで対応することで、皮膚に汚れが残ったり、毛穴が詰まるような状況を防げます。

妊娠中の肌荒れ時はクレンジングは優しく

コメントを残す